WEBデザイナーのアルバイト、短期バイト体験談

当ページでは、WEBデザイナーのアルバイトの体験談を紹介しています。

WEBデザイナーのアルバイトの体験談 その1

スクールで基本的な技術を学んだ後、スクールの紹介でアルバイトとしてホームページの作成を行っています。わからない部分は諸先輩方に聞きながらなんとかこなしています。WEBデザイナーという言葉自体はスマートなイメージがありますが、実際は資料作成、バグの修正、深夜作業など、地味な作業が圧倒的に多いです。

こちらがよいと思ったデザインでも、顧客サイドでNGなんてこともあります。それは当然で、きれいなデザインよりも、訪問者が使いやすいサイト、売り上げに直結するサイトにしなければ意味が無いからです。

最近ではSEOという技術が流行で、検索順位のランクアップまで要求されることが多く、WEBデザイン以外の様々なスキルを学ばないと置いていかれてしまうという恐怖感は常にあります。

ただ、やっぱり物づくりは楽しいです。自分が担当したサイトが初めてインターネット上に公開された時の感動は今でも忘れられません。

WEBデザイナーのアルバイトの体験談 その2

企業から個人まで、様々クライアントから依頼をうけ、Webサイトを製作し、その後、運用・メンテナンスを行う仕事です。WEBデザインの仕事はレイアウトやデザイン全般を手がけるWebデザイナー(いわゆる見た目)、システム全体のセキュリティや性能を担当するWebプログラマー(いわゆるアクション)、お客様との仲介や制作を統括しているWebディレクターなどに分業化されています。

今や簡単なホームページ作成から大規模のオンラインショッピングサイト製作もあるし、携帯事業のコンテンツを提供したり、やることがたくさんありすぎです!笑。習得しておきたいものとして、代表的なDreamWeaver、photoshopぐらいは抑えておきたいです。

WEBデザイナーになる為に、特に資格や検定を取ることはないと私思うんですが、SDAという検定はサイトデザインアーキテクトというもので、ウェブサイトを設計、構築し、マネジメントを行うための総合的な知識を認定してくれます。そのため、面接時に印象アップにはなるので、ライバルに差をつけたい方にはお勧めです。また、アクセス数やメールなどでの反響が予想以上におおかったりすると表彰されたりもしますよー。

WEBデザイナーのアルバイト体験談 その3

プログラマーとして3年正社員として働いていたのですが、WEBデザイン専門で働きたいと思い、会社を辞め、半年間失業手当をもらいながらWEBデザインの通信講座を受講して、まずは短期バイトとしてあるベンチャー企業に入りました。社長と私だけのスタートです(笑)。

元々あったホームページのリニューアルから、ちょっとしたCGIでのフォーム作成、時にはコンテンツの文章、そして電話対応など実にさまざまなことをしました。ただ、社長はWEBに関してはほとんど無知の方だったため、元プログラマーなんだからなんでもできるでしょ?というようなスタンスで接しられたのでけっこう大変でした。バイトなんでいろいろ言ってもアレですし。。

バイトをやってるうちに格安レンタルサーバーの知識はすごく貯まりました。個人的にも格安のレンタルサーバーを借りて使っています。

ショックだったのは、リニューアルに2週間かかった会社のサイトが、社長の一言でやっぱり昔のままでいこうと言われたことですね。ただ、私の実力がまだまだ足りなかったという原因もあるのですが、2週間なにやってたんだろうというせつない気持ちになったことは確かです。まあ、それでもお金がもらえるのでいいんですけどね(笑)。

短期バイトで入ってあわよくば正社員になれる予定だったのですが、試用期間中にこちらから退職させていただきました。今は独立してなんとか生計を立てています。

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>