ウェイター ウェイトレスのアルバイト、短期バイト体験談1

当ページでは、ウェイター ウェイトレスのアルバイトの体験談を紹介しています。

ウェイター ウェイトレスのアルバイトの体験談 その1

お客様を席まで案内し、注文を取り、厨房に伝え、できあがった料理や飲み物を運び、空いたお皿を片付け、次のお客様を迎え入れるのが主な仕事です。慣れれば簡単です。ウェイター・ウェイトレスは言わばお店の顔といってもいいので、いくら美味しい料理を作るシェフがいたって、料理を運ぶのはアルバイトのウェイター・ウェイトレスになるので、お客様に不快な思いをさせては、いい料理も台無しになってしまいます。

初めは誰でも緊張するようです。ですが、失敗を恐れていてはいつになっても不自然さがとれません。いつまでもひきつった顔になってしまいます。失敗は経験のうちと考えて、前向きに進んでいくことが大切になってきます。また、お客様に料理のことを聞かれても、スムーズに答えられるようにメニューの内容は把握して、新製品などは絶対に覚えておきたいところですね。

ウェイター ウェイトレスのアルバイトの体験談 その2

調理担当として面接に行ったんですけど、「かっこいいからウェイターやってよ」と言われてそのままウェイターに(笑)。接客はちょっと苦手意識があったんですが、笑顔でかつ大きな声で毎日仕事をしていると、自分の性格もだんだん明るくなれた気がします。

昼食時が一番混むんですが、うちは人件費を抑えるためにウェイターの数が元々少なく、とにかくかけずりまわることになります。かっこいいからと言われて調理からウェイターになったんですが、これは店長の作戦だったのかもしれませんね。(笑)

そんな時でも、注文された内容を復唱して確認をして、的確にスタッフに内容を伝えることだけは特に注意してやっています。忙しいのによくがんばってるねなんてお客さんにいわれると、本当にうれしくなります。

クリスマスなどはサンタの衣装を着て接客します。トナカイもあったんですが、絶対恥ずかしくて嫌だったので、サンタにしました。これがかなり恥ずかしかったです。でも子供受けはいいですよ。また、暇な時間帯でも、他のウェイターやウェイトレスの子達との私語は厳禁でした。それでもこっそり話したりするのが楽しいんですけどね。

ウェイター ウェイトレスのアルバイトの体験談 その3

誰もが知っている●●ー●というファミレスでウェイターやってます。といっても月に2,3回だけ、忙しいときだけ呼ばれてやってます。最初のころは毎日のようにアルバイトしてたんですけど、就職活動やらで忙しいので辞めると言ったら、暇なときだけでいいからと言われてしぶしぶやってます(笑)。いや、ひきとめてくれたのがうれしかったんですけどね。

国道沿いにあるお店だったので昼間の時間帯は混みましたが、それ以外の時間帯は暇で暇でしかたがありません。注文をうけてスタッフに伝えるだけですからね。遅番はやったことがないので掃除などもあまりしたことないです。暇でもいいという人なら、お客さんがいつも少ない(笑)お店で働きましょう!ただ、注文を間違えるのだけは気をつけたほうがいいですよ。

ウェイター ウェイトレスの体験談をもっと読む

バイト求人情報

バイトル・ドットコム 日本最大級のバイト情報 ☆☆☆☆☆
フロム・エーナビ 老舗のバイト情報サイト ☆☆☆☆☆
マイナビバイト 短期・高収入専門 ☆☆☆☆☆
インディビジョン   一括検索が便利 ☆☆☆☆

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>