商品管理のアルバイト、短期バイト体験談

当ページでは、商品管理のアルバイトの体験談を紹介しています。

商品管理のアルバイトの体験談その1

お中元のときにだけ短期で商品管理のアルバイトをしました。私の職場では女性は商品の数を把握し、男性は荷物を運びます。引越し作業よりは楽ですが、1日中立ちっぱなしで作業を続けることもあるので体力が無い人には厳しいです。

チームで作業をすることが多いので、急に休んだりするとスタッフに大きな迷惑をかけることになります。

また、人気商品の発売日の前日などの包装作業などは特に忙しくなります。プレイステーション3の時は何百個処理したか覚えていません。しかも自分は手に入れることができなかったという始末。(笑)

ただ、慣れれば機械的にできますから、単調作業を地道にこなすことができる人にはお勧めの職種だと思います。私の職場では1年以上やってると明らかに体の線が太くなってたくましくなれました。

商品管理のアルバイトの体験談その2

  倉庫のピッキング作業という仕事をしました。現場に行くとまず束になった伝票を渡されて、広い広い倉庫の中からその伝票どおりの商品をダンボールに箱詰めするという仕事です。

 最後に確認して伝票を貼ります。倉庫なので空調もきかないし、モノによってはすごく力仕事です。間違えると当然怒られます。給料は実働8時間ぐらいで、時給800円ぐらいでした。体力をつけたい人、もくもくと作業したい人にはいい仕事だと思います。

商品管理のアルバイトの体験談その3

 ライン作業と呼ばれる仕事をしました。私がやったのはベルトコンベアから流れてくる洗剤に、シールを貼り続ける仕事です。ベルトコンベアを止めるとその分ロスが出るので怒られます。シールを雑に貼っても怒られます。

 商品を選別する人、箱詰めする人、箱詰めした商品をさらに出荷用のコンベアに載せるひとなど、それぞれ役割分担が決まっています。集中力がある人、もくもくと作業したい人には向いていると思います。

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>