魅力的な履歴書の書き方

履歴書の書き方当ページでは、アルバイト、短期バイトの求人申込みの際に必要となる履歴書の書き方を紹介します。

年代別の小学校などの卒業年度一覧などを確認したい方は履歴早見表をご利用下さい。

また、面接時に関する注意点を確認されたい方は面接方法をご参照下さい。

適当に書かない

当たり前のことばかりで申し訳ないですが、数点注意したいことをまとめます。特に、短期バイトの方でも、しっかりと記述することが大切です。

  • 文字は黒ペンで丁寧に(まれにワードで印刷でもOKという場合も)
  • 写真はデジカメではNG(ただし高画質デジカメであればOKという場合も)
  • 略文字はNG(都道府県から書くのは常識)
  • 記載日も忘れずに

上記で挙げた履歴書の書き方の注意点などは基本中の基本ですが、その中でも記載日を忘れる方が最も多いようです。面接の日や提出日にあわせる必要は無く、書いた日付を記入しましょう。

ただ、もちろん例外もあります。最近では手書きではなくワードでもOKという企業や、履歴データを保管してくれる企業などもあるくるらいですからね。どうしてもわからない部分はアルバイトを募集している企業に直接問い合わせをするのが一番的確な答えをもらうことができるでしょう。

写真ははがれてしまった時のことを考慮して、写真の裏に名前を書いてから貼り付けたほうがいいでしょう。余談ですが、以前TVでプリクラを貼って採用されたと言っていたアイドルもいましたが、これは本当にまれなケースか、ユーモアの通じる企業でないと難しいでしょう。

<参考>
論文・レポートの書き方|骨組みから作ろう・・・論文やレポートを書く際に役立つ、骨組みから徐々に書いていく方法の提案

志望動機と趣味・特技の欄にこだわる

今までの経歴を履歴書に書くのはもちろんですが、面接官は趣味・特技や志望動機に着目します。当たり前の事を書いていますが、それなのに趣味・特技には「スキー」「プロレス」といった単語だけ羅列する方が多く、志望動機もそこらへんにあるような優等生的な内容を書く方が多いので、私と10年以上も付き合いのある面接官はつまらないんだよねとおっしゃっていました。

スキーの何が得意なのか?なぜスキーをはじめたのか?プロレスはなぜすきか?どこの団体が好きか?体を鍛えているのか?といったwhatの部分も詳細に書いてくれると話がしやすいようです。

そんなこと面接時に聞いてくれればいいじゃないかと思うかもしれませんが、書類選考で落とされる場合も多くありますし、突然なんで?と言われてもすぐには答えが出てこない場合がありますから、とにかく細かく書いた方がいいのです。書くという作業で自分の思考もまとめることができますからね。

志望動機も極端な話ですが優等生的なことは不必要で、単純に興味があって楽しそうだから、とか、そのお店の店員さんたちがみんな中よさそうだったから、とか、時給がいいから、というような素直な意見が聞きたいそうです。人見知りを直したかったというような、一見不利なような自分の性格でも、それを正直に書いてくれた方がその人のひととなりが見えてよいといわれています。

趣味・特技が無かったら

とはいえ、趣味・特技が無いよという方もいらっしゃるでしょう。ただ、それはよく自分と対話をしていないだけのケースが多く、何か必ずあるはずなんですね。例えば、他人はやってないけど自分しかやっていないようなことなどはありませんか?必ず電車の2両目の3番目のドアから入るとか、いつも3時間しか寝ていないとか、簿記3級試験に3回連続で不合格中とか、そういったことでも書いてほしいようです。

つまりは面接官・採用者が食いつくようなことを書けばよい

つまり、他の方が書かないようなオリジナルなことを書くことがいいんですね。常に突拍子もないことを履歴書に書けというわけではなく、自分にしか書けないことを書くということです。お?こいつちょっとおもしろいな、他の奴と違うなと少しでも思わせることができたら採用は近いですね。

相手も人間です。一緒に働いてみたいなと思わせるような内容を書くように意識してみましょう。

番外編:中には履歴書を見ない面接官もいる

履歴書を書くのって本当に面倒ですよね。時間をかけてやっとのことで書いた履歴書を全く見ない面接官もまれにいらっしゃいますから悲しいものです。直接会話をした方がその人の本性がわかるからでしょうか?それともただ面倒だからでしょうか?(笑)

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>