レンタルショップのアルバイト、短期バイト体験談

当ページでは、レンタルショップのアルバイトの体験談を紹介しています。

レンタルショップのアルバイトの体験談 その1

大型チェーン店のオープニングスタッフとして入りました。キャンペーンも同時に行っていたので、入会者が非常に多く、個人情報のやりとりに神経を使いました。身分証明書は出したくないが入会したいというような注文をつけるお客さんなどもたまにいらっしゃいます。その時は社員のスタッフの方に助け舟を出してもらいます。

また、100円キャンペーンなどの時も非常に混みました。返却物の整理だけで閉店後3時間以上かかったりもしました。帰宅が朝の4時とかも。このアルバイトの特典は、タダでDVDなどを借りることができることです。ただし、アルバイトでも延滞するとお金を払う必要がありました。当たり前ですね。

このアルバイトで初めてわかったことですが、アダルト系のレンタル物をカップルで借りに来る方が多かったことです。(笑)同僚のスタッフは主婦の方や学生の方が多く、みなさん映画やCDなどの知識が豊富で休憩時間も楽しくおしゃべりできました。

あと、今思い出したんですけどオープニングキャンペーンで駅前でティッシュを配ったりもしました。レンタルショップなのになんでティッシュ配ってんの?って思ったりもしましたが、同僚の子がかわいかったので一緒にできてうれしかったです(笑)。

レンタルショップのアルバイトの体験談 その2

CD、ビデオ、DVDの貸し出しや返却の応対をするのが主な仕事です。また、店内の清掃や延滞者へ返却の連絡も行います。最近ではレンタルだけではなく販売も行っている場所もあるので、販売とレンタル兼任になる場合もあるんですが、私の働いている場所ではレジの場所が分かれてるいるので、レンタルはレンタル、販売は販売と集中することができました。

やはり、レンタル品を戻すのが大変で陳列棚の配置は早い段階で把握したいところです。レンタル品を戻すのに時間がとられると他の作業が回らなくなるし、レンタルしにきたお客様に商品をお渡しできなくなります。

ただ、映画情報や音楽情報で最先端の情報が把握できるので映画好きや音楽好きな人にはもってこいです。お勧めな映画や音楽にPOPを作ったり、特集コーナーの提案などを働きかけたりして、お客様に宣伝することができたら、やりがいがあるし楽しくなります。

レンタルショップのアルバイトの体験談 その3

混雑してる時はあせります。実際にやってしまったマヌケなことに、レンタルビデオのケースも一緒に袋に入れて渡そうとしてしまったことがあります。社員さんに「おい!」と言われて我に返ったことがあります。初めてこのアルバイトをする方は、できればあまり混んでいないお店がいいかもしれません。オープニングスタッフは特に忙しいですけど、まったく何も陳列されていなかったブースを自分たちの作業でビデオやDVDをまんぱんに並べたときは気持ちよかったですね。

あとは、レンタルショップを3ヶ月もやればかなりの情報通になれます。興味がなかった分野にまで自然とレンタルしてしまう自分がいました。

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>