モデルのアルバイト、短期バイト体験談

当ページでは、モデルのアルバイトの体験談を紹介しています。

モデルのアルバイトの体験談その1

私はイベントコンパニオンのモデルのバイトを学生時代にやっていて、そこで撮影された写真を他のプロダクションの社長の目に止まって、雑誌のモデルとしての仕事を始めることになりました。読者モデル、広告のモデルが中心です。

華やかな世界に見えますが、撮影準備のための地味な作業が実は中心だったりします。これはどの仕事でも一緒なんですよね。所属事務所にもよると思いますが、無理にやせろとかは言われなかったです。そんなことを言われなくても、仕事に対する意識が高い方が多く集まっていたので、それを見ているだけで自分ももっとがんばらなくちゃいけないなと思うようになりました。

実際は手取り足取り教えてもらうということはあまりなくて、先輩の動きを見て真似したり、カメラマンさんに指定されたポーズをしたりして徐々に覚えていきました。拘束時間は、仕事内容にもよりますが、早朝から深夜までと長い場合が多かったです。

【PR】モデル愛用カラコン通販リスト

モデルのアルバイトの体験談その2

 私の場合は、友達と公園で遊んでいるときに、写真サークルの方に「うちのポートレートモデルにならないか」と誘われたことがきっかけでした。名刺をいただいて、いかがわしい事務所じゃないか確認して(重要です(笑))喜んでお誘いを受けました。仕事は大体、公園や道(撮影できそうなスポット)でポーズをとって、写真を撮ってもらう、というだけです。

 昼くらいに集合して、日が落ちるまで撮影していたので実働は6時間ぐらいだと思います。衣装は私服でした。自分のお気に入りの服や、ちょっとゴスロリチックな衣装っぽいものを何着か持っていって、2時間ぐらい撮影したら着替え&休憩。また撮影して着替えて撮影…って感じでした。給料は日給で一万円ぐらい。水着などだともう少し高かったと思います。

 昼食代や飲み物なんかは写真サークルの方が出してくれました。撮影会は月に一回程度行われるそうです。カメラマンさんがまた別の写真サークルの人に紹介してくれて、3つくらいのサークルをかけもちして、あとはカメラマンさんと1対1で撮ったりもしました。1対1のときは写真を撮ってる時間も短めでした。

 お給料は、写真サークルのほうで日給一万円。個人で1対1で撮る場合は5000円ぐらいでした。土日に撮影会が開催されることが多いので、大学生さんなどは良いバイトになるのではないでしょうか。普段のバイトに掛け持ちで…という感じのモデルさんが多かったです。

モデルの求人情報 >>(タイミングによっては0件の場合もあるのでご注意を。)

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>