採用されるための面接方法

当ページでは、短期バイトやアルバイトで採用されるための面接方法を紹介します。

素直に答える。難しいがこれが一番。

面接は素直によい答えを返す必要はありません。素直に答えるのが一番よいです。当たり前すぎますが、面接官は話の内容はほとんど採用基準にしていません。話すときの身振り手振り、顔の表情、部屋に入ったときの所作などでほとんど決まってしまうというのが事実なんです。

極端な例ですが、私の知人は短期バイトをするそのお店の名前すらよくわからずに面接に挑み、面接時に言い訳をせずに「名前を忘れました。」と堂々と言ったそうです。(もちろん開き直って横柄に言ったわけではありません。)10人の応募に100人以上が申し込みをした人気店でのことです。

彼はその度胸を買われて採用されてしまったんです。お店の名前も知らないのに。もちろん、そんな奴はだめだというお店も当然あるかと思いますが。

優等生的、偽善的な受け応えはNG

当ページは面接方法の紹介ページですが、巷(ちまた)によくあるマニュアルのようなことは書きません。就職や転職のマニュアル本にはいくつかの面接テクニックが紹介されていますが、それを全て鵜呑みにするとやっかいなことになります。

その理由に、最近の面接官は正解がいくつもある質問や、そもそも正解を求めていない質問をする傾向があるためです。

例えば、どうしてこのアルバイトを選んだのか?という質問に対してこちらが用意した答えを言った後に、さらになぜそういう答えを導いたのか?というようなつっこみをいれられたりするからです。

また、マニュアルには絶対に載っていないような「電車で座っているときにおじいちゃんとおばあちゃんが目の前に来ました。どちらの方に席をゆずりますか?」というような質問や、「ネパールにいくとしたら何を持っていくか?」というような質問をされたりします。

このような質問に対する答えは1つではなく、人によって様々な見解、意見が違ってきます。そこでどのように反応し、どのように考えて自分なりの答えを見出したかを面接官は見て、あなたのひととなりを判断していきます。

もちろん、職種によってはマニュアルどおりの質問をされることもまだ多いですが、マニュアルの答えにたよるのではなく、自分の意見や考えを素直に言ったほうが無難です。面接では優等生的な正解を求めているわけではないですから。

言葉遣いには最低限のマナーを

言葉遣いのマナーと言っても1日や1週間で身につくものではありません。ただ、丁寧にしようという意識はすぐにでも持てるはずです。意識するだけで変わってきます。もちろん意識するだけでは言葉遣いを間違ったりしますが、面接官には丁寧にしようとしているんだなということが伝わります。

間違って当然という意識でかまいません。ただ、普段の会話よりも少しだけ丁寧にしてみるだけでもいいと思います。

笑顔で望むこと。それが無理なら相手の鼻を見ながら。

笑顔で面接に挑むことができたら、いまさら言うまでもありませんが、好印象を与えることができます。ただ、緊張して顔がこわばったりしてしまう方や、そもそも人見知りの方は相手の目を見るだけでも緊張してしまいます。

私も若いときは人見知りが激しかったのですが、人見知りの人は相手の目を見るのではなく、相手の鼻を見ながら会話してみましょう。鼻を見ているのにも関わらず、相手は、目を見てくれているんだなと感じます。

友人の鼻を見ながら一度試してみてください。

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>