ホール・カウンターのアルバイト、短期バイト体験談

当ページでは、ホール・カウンターのアルバイトの体験談を紹介しています。

ホール・カウンターのアルバイトの体験談 その1

新宿の、30歳以上の落ち着いた方々が多くいらっしゃるバーのホー、カウンターとして働いています。大声で笑う人を注意しなければいけないほど上品なお店です。他の方の迷惑になりますからね。

忘年会シーズンなどは激務です。注文が殺到しても、それをうまくこなせるようになるには少し時間が必要です。お酒を倉庫から出すというような地味な作業も多く、けっこう疲れます。

ただ、年がはなれた大人の方々との話し方を学べたこと、お酒の知識が豊富で女の子にもてることなど、いいことももちろん多くあります。

長くやっていれば、1日に必ず誰か知っている常連の方が来てくれますから、すごく楽しく仕事をさせてもらっています。

ホール・カウンターのアルバイトの体験談 その2

このバイトはお店でお客様を席に案内したり、飲み物や食事を運んだりする仕事です。 注文をうけるときはまず自分がメニューを把握しとくと覚えられやすいです。 注文されたものに対して、品物のイメージができれば記憶というものはしっかりできますね。最初の頃はやはり、なかなか緊張もあってメニューの聞き間違いなどあるかもしれませんが、自信がなかったら最悪、聞き直しにいくべきです。間違ったものをだされて不愉快なことはないですから。

また、忙しくなると注文がひっきりなしに入るし、お待たせするお客様がいたり、料理・飲み物を運ぶといった作業が同時に被ってくるので、そんなときも冷静な判断でうまくお店が回転できるよう配慮していきたいですね。

例えば、料理を運んで、注文をとったり、何かをしてから注文をとるといったように注文を取りにいく作業を一回のターンで一番最後にもってけば間違いは圧倒的に減ります。注文をとってから何かをしているとその作業中に忘れてしまう場合があります。でも、今の世の中デジタル化が進んで、テーブルにボタン一つで注文を受け付けられたりする機械がおいてある店も増えてますから、注文形式などもしっかり面接などで聞いておいたほうがいいですよ。

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>