アルバイトを辞める時どうすればよい?

アルバイトを辞める時どうすればよい?

 店長もしくは社員さんに辞めたい旨を直接会って話すことが最もよい手段です。辞める理由は人それぞれですが、無難な辞めたい理由として、学生さんであれば学業に本腰を入れるためと言えばいいでしょう。それ以外の方であれば就職が決まったとか、引っ越すことになったとか、別にやりたいことが見つかったなどいろいろありますが、あきらかな嘘であることがばれるような言い訳はやめた方がいいですね。

 突然辞めるのではなく、辞める1ヶ月前などに言えば、その後のシフトなどを再考する時間を社員さんが持てますから、ある程度期間的に余裕を持って伝えたほうがスムーズに辞めることができます

 それとは逆に、引越しのアルバイトがつらくてたった1日で辞めた人も、正直に肉体的につらいと話したら理解してくれたそうです。他の職種でも働き始めていきなり辞めたい場合などももちろんあるでしょう。その場合は迷惑を重々承知の上、辞めたい旨を伝えてみましょう。もちろんうまくいかないケースもあると思いますが。

た だ、無断欠勤でそのままバックれるという方も少なくないようで、社員さんも困っているようです。因果応報なのかはわかりませんが、そのような辞め方をされた方が社会人となって、アルバイトを管理する立場になったとき、バックれられることがどれほど大変で、そして悲しくなるかよくわかったよと語ってくれた友人がいます。

 なかなか辞めることを言い出せない人がいらっしゃることも十分理解した上で書かせていただきますが、音信不通や無断欠勤だけはできるだけ避けたほうがいいですね。

 将来、どこかで社員さんと会ってしまったり、あなたが就職した会社と、そのアルバイト先がつながっていたら・・・などと考えると、やはり辞める時はきっちりやっておいた方がいいでしょう。

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>