雇用形態の種類には何がある?

雇用形態の種類には何がある?

雇用形態にはアルバイト・パートの他に、正社員、契約社員、派遣社員などがあります。

アルバイト・パート

臨時雇用が一般的で、1週間の労働時間や勤務日数が正社員よりも少ない雇用形態のことを指します。最近の日本では正社員の数が減り、フリーターやアルバイトの数が増えて問題視されていますが、競争社会に勝ち残るためのオートメーション化、そしてそれにともなう人件費の削減という至上命題があるかぎり、この状況は簡単には変えられないと考えられています。

正社員

雇用の期間が定められておらず、一般的に定年まで働くことが可能で、様々な法律で手厚く保護されている雇用形態。正社員を辞めて独立したりすると、そのありがたさがはじめてわかるといった場合が多い。

契約社員

通常1年または半年間という雇用期間を定めて働く雇用形態のことを指します。企業と労働者の合意の元で契約を更新することができ、派遣社員よりは待遇もよいという場合が多いです。

派遣社員

派遣元の会社にあらかじめ登録をしておき、派遣先が決まったら一定の派遣期間働く雇用形態のことを指します。

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>