テレオペの短期バイト、アルバイト体験談

当ページでは、テレオペの短期バイト、アルバイトの体験談を紹介しています。

テレオペの短期バイトの体験談 その1

お客さんのクレームは正直へこみます。こちらが低姿勢で説明をしてもどんどん怒ってエキサイトする方もいます。それで辞めていく方も多いです。ただ、慣れればどうってことなくなってしまうのも事実であり、冷静に対処できるようになります。時給も高いところが多いですから、慣れてしまえば以外に楽な仕事だと思いますよ。

発生練習や発音のレクチャーなども行われます。自分でもどこからそんな声が出るんだと思うくらい、普段と違う声で応対しています。

テレオペの短期バイトの体験談 その2

お客様の消費者はTVのパフォーマンスでの販売やカタログを見て電話やファックスで品物を注文してくるので、その注文の受付をします。また、ガスや電気、携帯といった業者のカスタマーセンターでの対応も最近では増えてます。電話対応の終わりに「担当は○○でした。」と最近では名前を名乗るため、手抜きな説明はできないので、責任感も必要になってきます。また、受けるだけでなく新商品の紹介やバーゲンセールの案内など売り込みセールスの仕事もあります。

セールスだからってガンガン押すのではなく、商品の長所を出しながら、自分だったらこんなとき役立ったや便利だったなど体験談を交えればお客様も想像しやすく、「私もそーいうときになにか便利なのないかと思ってたのよ〜」なんて意気投合し、契約成立なんて場合もあります。

パソコンにデータを入力しながら作業を伴なったりするので、パソコンの操作に慣れておいたほうが
早く作業になじめます。

テレオペの短期バイトの体験談 その3

テレアポは、電話を使って商品の説明をして、新規顧客を開拓し、契約してもらうお仕事です。ビルの一室で電話をかけます。

時間は1コマ1時間単位で仕事の時間を選べます。1コマの間電話をかけ続け、商品の説明を行います。自分の予定に合わせて働く時間を申請することができます。

時給は基本金額が決まっていて、自分がかけた電話で契約が成立すると時給のクラスが上がっていく仕組みです。 ただし、輪和紙のバイト先は、2コマ(2時間)で1つ契約が取れないとクビになってしまうというノルマがあったため、2コマ目でなかなか契約が取れないときは、ちょっと焦ってしまいます。

しゃべる仕事のため、飲み物、おにぎりやお菓子などが休憩室に置いてあって自由に食べることができました。服装は私服です。茶髪、ガングロ、主婦など、どんな格好・年齢でも大丈夫です。

この仕事は、電話をかけるのが好きな人、ひとに説明をするのが好きな人、話術に自信がある人が向いています。売り込む商品の知識があるとベターです。

バイト求人情報

バイトル 日本最大級のバイト情報

仕事内容&体験談

70以上の職種と170以上の体験談をじっくり読む(TOP) >>